.

DMサイズ選びは頭を悩ませます。キャンペーンや仕様によって、デザインだけでなく大きさも検討しなければいけませんよね。

.
.
.
.
.
.
.
ガリバーTOP > DMのサイズを決めよう。
.
.
.
.
.
.
.
.
. 現在の主流は情報量が多く載せられる大判A4の大きさですね。 . .
.
.
.
.
送りつければ良いというような手法ではまったく反応が期待できないほど集客におけるDMの競争は激化しています。
特に最近はサイズも大型になってきており、質を重視する傾向がうかがえます。どんな販促方法だって成熟してくればより成果につながるものが良いわけで、形状とサイズの重要性を認識しはじめているからなのではと考えられます。
当社のDMでいうならカタメールシリーズなどが圧着大判タイプで情報も多く載せることができ、人気サイズのものとなっています。また、パタパタメールというタイプの商品はキャッチコピーが小さく送って大きく見せるというように最初はハガキ程度の大きさなのですが広げるとBIGサイズになるためインパクトが絶大だと思います。
インターネットやITと騒がれた2000年代に比べ現在はWEB関連も飽和状態になってきており集客ツールとしてDMが見直されてきました。特に発送料金がかかるためサイズや数量によってかなりの金額が変わってくるため慎重に企画を練ることが大事だと思います。
内容量やボリュームが多ければ良いというわけではないのでコンセプトを練ってそれにあったサイズで制作することがレスポンス率向上への試金石だと思います。送る以上はゴミ箱直行は避けたいですよね。是が非でも開けてもらって読んでもらいたいですよね。そのような意味でガリバーで面白いサイズなのがEP-MAILという商品だと思います。正方形のような感じでインパクトのある目を引く大きさだと思います。やっぱり印象に残るって非常に大事なことだと思うんですよね。それがデザインやレイアウトでも良いと思うし内容でも良いと思うし、サイズでもOKだと私は考えます。
.
.



...
.
.
見本 . A4 . 反応率 . 費用対効果 . テンプレート . Pマーク
.
.
.
.
. . . . .
.
.
.
.
.
.
.
.
all today yes