.

費用対効果を考える圧着ハガキは東京・横浜の印刷会社ガリバーへ。様々なサイズ、形状のサンプルをご用意しております。お問合せください。

.
.
.
.
.
.
.
ガリバーTOP費用対効果
.
.
.
.
.
.
営業部や販促部という部署に関わらず、商品を販売することに携わっている方には外せないものですね。一体、何をすれば、 費用に対して効果が上がるのだろう、そう思わずにはいられません。
ここでは「ダイレクトメール」のご紹介と謳ってますがそれだけでなく、いろいろなことを考えながら 「費用対効果」について考えていきましょう。
.
. チラシ・パンフレットの配付 .
.
まずは商品販売で行う告知として行われるチラシやパンフレット等の配付について 「費用対効果」はどうなっているでしょうか。
私はよく外出するときに駅前等で配っているチラシやティッシュは必ず受け取るようにしています。 「費用対効果」に貢献してなくて誠に申し訳ないです。
ですが、そのときにちょっと感じるというか、ちょっとムッとすることがあるのです。
「費用対効果」を考えた企業の作戦だからなんですけどね。
そのチラシの入ったティッシュは私の前を歩いている女性には押し付けるように渡し、私には素通りだったのです。買ってくれそうという 効果のありそうな若い女性にはこのチラシを読んでもらおう!という企業の期待があるのですが私はそれに対応していないということでしょう。 効果がないということが一目でわかる人には渡さないように指導しているのではないでしょうか。
これこそ間違いなく 「費用対効果」の一つですね。
もちろん、手にした人が必ず、買う(反応する)わけではないにしても少なくとも完全に対象外を外すことで%は上がると考えられます。もちろん、年齢に限らず、 効果の上がりそうな、という意味で男性にだけ配っていることも。そういえば、コンタクト販売のチラシを受け取った時点で熱い営業トークが始まったのですが、これは私がメガネをかけた人= 格好のターゲットだったからでしょう。
.
. 効果の上がる買い手を見つけるには .
.
さぁ、お客様にお渡しするおしらせはなるべく対応(購入、入会等)してくれそうな人にお渡しする、ということは前提ですからなるべくたくさんの人に配って 効果を上げるということで、お知らせには費用のかからない方法を取ることが一つの手段です。
他には1回使用(試用)していただいた方にその商品のファンになっていただいて続けて購入してもらうというものもありですね。1回目のサンプル送付にこんなに?と思う量をお送りするのも 効果がある程度、望めるものとして行っているのでしょう。
有名なタレントを起用してイベントを行い、集客して商品を知ってもらうという方法も。
私は観劇をしますがほとんどの場合、劇団が見てもらったお客様にお願いしているのがアンケートです。これも 「費用対効果」を狙ってます。「住所と名前を書いていただければ、次回公演の案内を送ります。」と言ってお願いしていますが興味のない方は案内はいらないので書いてくださった方は次も見たいと思っている上顧客です。DMを送れば、必ずではありませんが、劇場まわりでチラシを配るより効果的な結果が得られるでしょう。アンケートの印刷(片面1色)でチラシ(片面カラー+裏面)印刷以上の顧客の把握ができる、これはまさに 「費用対効果」を狙ったものですね。アンケートにはこの公演を知ったきっかけ、購入理由等が簡単に選択記入できるようになっていて感想と共にこれからの劇団の企画、運営にもヒントになるもの、次回公演のチケット購入という 効果を出すためのデータ回収にも役立っているという優れもの。以前、「照明についての感想を」なんていう部分があって“素人に何を聞きたいんだろう”なんて思うような不思議な項目もたまにはあって楽しみです。
.
. 費用対効果を考えた攻略 .
.
お客様に情報が渡ってからそのお客様に反応してもらうにはその情報がお客様にとって必要なものでなければ、なりません。
先程のアンケートの話になりますが回答してくれた人には次回公演のお知らせをお送りします。 効果のありそうな人にまず第一の対処です。一般の前売りの前に先行予約ができる情報を受け取れます。そこでさらに、“ファンクラブに入りませんか?”という技をかけられます。 効果のありそうな人をさらに1ランク上の上顧客に振り分けるというものですね。ファンクラブに入ると先行予約の前に特別先行予約の購入ができるという特典がつきます。ファンクラブ運営という手間 (費用)がかかってもそれ以上の顧客の情報確保、チケット等商品の購入が望めるならそれも 効果につながるものだと考えます。
観劇に限らず、アンケートに答えてもらったお客様にサンプルをお送りする等で顧客情報を得て雑多な多種の顧客ではなく、情報を欲しがっている人を選別したデータを集めることが必要です。さらに 「費用対効果」を考えると1点買ってくれるより複数、特売品より高級品を手にしてくれる、定期的に買ってくれる等の顧客情報を管理してそれに合わせた情報伝達をすることで 効果を得たいと思います。
そのための情報をお送りする方法の一つとしてダイレクトメールがあります。
それでは、サンプル等を入れてあまり 費用をかけずにお送りし、購入や入会等の効果を上げるにはどうすればいいでしょうか。
もし、あなたがある程度の顧客リスト等をもっているならその男女、年齢、家族構成、趣味、購入履歴等に合わせて内容を振り分けて個人別に違う内容のお知らせをお送りすることができます。必要な情報をさらに選別してお送りすることで 「費用対効果」に対応しているものと考えられるのではないでしょうか。その人の欲しい情報が少しでも多く載っている方が選択の幅が広がります。ショッピングモールでペットのいない方はペット用品売り場には寄らないようにすべてのお客様に同じ情報をお送りするのは得策ではありません。『必要な人に必要なものを』ということで 「費用対効果」を考えて『あなた様感』を打ち出してその顧客の必要なものをなるべくたくさんお送りして選択していただくことでご購入に繋がるものと考えます。
.
. それではどんなDMが効果的か .
.
たとえば、情報量から考えるなら弊社のパタパタメールをお勧めです。パタパタ開いてハガキサイズが最大A2まで広がるので開封する楽しみも併せて多くの情報をお送りできます。次はDMでカタログをお送りできるカタメールという商品です。簡単に言うとカタログに宛名がついてその宛名を取り外せるものと考えてください。
効果を上げる次の方法として情報をお渡しする方法にひと手間加えるというものもありですね。DMを開いたら中からなにかが飛び出してきて楽しんでつい読んでしまった、というようなものはいかがでしょう。飛び出すタタメールという商品です。読んで字のごとく、DMを開くと飛び出します。開いて飛び出すのは見ていて楽しいですね。
見て楽しい以上にめくって楽しいビンゴメールはいかがでしょうか。項目を開いて当れば、商品プレゼント!ということでイベントへの参加という 効果を促すことができるでしょう。3ヶ所開いてビンゴできれば商品をプレゼント、できなくても表示されたサンプルをプレゼントとすれば、ビンゴできなかった3点(または)2点のうちに手にしたいものがあるかもしれません。
別の形での 「費用対効果」ということでしたら返信しやすいように返信用封筒を付けたDMです。お客様の住所・氏名を入れておくことで記入の手間を省くので返信率が上がると考えられます。
すべてのDMにバリアブル印刷というお客様個別対応の印刷が可能です。それぞれのお客様に合った情報の提供だけでなく、企画に合わせた顧客対応の情報の提供を考えるのも一つの手段でしょう。
.
.


カタメール
. .
ビンゴメール
. .

返信封筒付DM
.
A4 . 見本 . 反応率 . テンプレート . サイズ . サンプル . Pマーク
.
.
.
.
. . . . .
.
.
.
.
.
.
.
.
all today yes