会社概要 交通アクセス 大黒工場紹介 営業日 代表ご挨拶 ミッション&ビジョン 経営原典
> ダイレクトコミュニケーションのガリバーTOP > コラム > 郵便とメール便等DM発送サービスの違い
郵便とメール便等DM発送サービスの違い
ガリバー マーケティング部の井上です。

最近自宅に恐ろしいDMが届きました…。
なんと、“郵便ハガキ”と表記のないハガキサイズ(100mm×150mm)の郵便物が届いたんです…。


特に疑問に感じない方もいるかと思いますが、なんと“郵便ハガキ”の文字の有無で、
1通あたり最大21円も郵便料金が高くなるんです。(適用された割引や通数によって差額は異なります。)

1,000通だと、21,000円高くなり、
10,000通だと、210,000円も高くなります。
100,000通だと・・・。
これが印刷会社のミスだとしたら多大なる損害…。自分が担当者だったらと思うとゾッとします。


7月16日にアップしたコラム006でもハガキのルールについて紹介いたしましたが、想定よりも多くの反響をいただきましたので、今回は郵便法規や注意事項に加え、メール便等との違いについてご紹介させていただきます。
メール便等は受領印のいらない宅配便と言えばわかりやすいかもしれません。ですが、いずれもDMを送る為のサービスである事には間違いありませんので、特徴やメリットについてそれぞれまとめたいと思います。

●郵便
郵便は4種類に分けられます。
・第一種郵便
・第二種郵便
・第三種郵便
・第四種郵便

※第三種郵便は、郵便局の承認を受けた雑誌などの定期刊行物。
第四種郵便物は、通信教育用郵便物や展示郵便物・特定録音物等郵便物。
となりますが、販促や広告などで使われる事は滅多にありませんので今回は割愛させていただきます。


第一種郵便は、ハガキサイズから請求書でおなじみの長3封筒サイズの郵便物を差し出す際に使われる差出方法です。

第一種郵便は更に、
・1.定形郵便物25g以内(1通あたり84円)
・2.定形郵便物50g以内(1通あたり94円)
・3.定形外規格内郵便物(1通あたり120円〜580円)
・4.定形外規格外郵便物( 1通あたり200円〜1,350円)
と4つに分けられます。

第二種郵便は、ハガキのみを対象とした差出方法です。サイズや重量に加え、“郵便ハガキ”の表記が必要だったりと、条件が最も厳しい差出方法となります。しかし1通あたり63円と最もコスパの良い差出方法でもあります。


●メール便等の郵便以外のDM発送サービス
弊社では主に2つのDM発送サービスを使う事ができます。
1つ目が郵便局のサービスである“ゆうメール”。
2つ目がヤマト運輸のサービスである“クロネコDM便”。

いずれも特約契約を結んでいるので、1通あたり60円〜70円代で発送する事が可能です。(通数や配達地域により金額が異なります。)
サイズは140mm×90mm〜340mm×250mm、1kg以内となります。
郵便にはメール便等にはない2つのメリットがあります。
1. 通数や内容に応じ適用される割引がある。
2. 信書が発送できる。
1つ目で挙げた“割引”については、通数や掲載内容に応じ以下の割引が適用できます。
・郵便区内特別郵便物割引
・広告郵便物を利用する割引
・郵便物を区分して差し出す割引
・バーコード付郵便物割引


第一種郵便は最大43%の割引が適用され、1通あたり47.88円。
定価が84円なので36.12円の割引となります。

第二種郵便は最大39%の割引が適用され、1通あたり38.43円。
定価が63円なので24.57円割引となります。

通数が一定以上ある場合は郵便での投函がオススメです。
※更に、地域区分局等に5万通以上差し出す場合や、投函から配達までに日数の余裕を持たせることができる場合は、更に割引されます。

しかし、いずれの割引も事前に郵便局への申請が必要で、その申請が結構面倒なんです。
申請の準備にかかる時間(人件費)を考えると定価で送った方が安価な場合も…。
ガリバーでは郵便局への申請などもサービスに含まれておりますのでご安心ください。


2つ目で挙げた“信書”については、『信書は郵便または信書便のみでしか送る事ができない』と総務省で定められています。(郵便法第4条)

信書とは、「特定の受取人に対し、差出人の意思を表示し、又は事実を通知する文書」となります。


……。わかりにくいですよね…。

簡単な例としては、
「誕生日おめでとうございます!」=今月が誕生日だという事実を通知している。
「先日はご購入いただきありがとうございました。」=購入したという事実を通知している。
「お客様は150ポイントを保有しています。」=ポイントを持っている。つまり会員である事がわかる。
「ゴールドカードへグレードアップしませんか?」=その会社のゴールドカードではないカードを保有している事がわかる。
といったところでしょうか。

信書に該当するとは知らず、ゆうメールやクロネコDM便で発送しようとすれば「これは信書なので受け取れません」と断られます。この場合、せっかく作ったDMも全てやり直しですし、3年以下の懲役または300万円以下の罰金刑が処されます。


少し怖い締めくくりとなりましたが、最適な発送方法や信書に該当するのかなど、心配になった際はお気軽にご相談いただければ幸いです。
その際は「これなら大丈夫!」「こうすれば大丈夫!」というワードをご用意させていただきます。
株式会社ガリバーでは、発想から発送までワンストップでサポートいたします。
今回ご紹介した事例の詳細やその他DMサンプル、成功事例などお気軽にお問い合わせください。

|圧着DMのガリバー|

横浜本社:神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25 テクノウェイブ100 17階 TEL.045-440-6341 / FAX.045-440-6345
大黒工場:神奈川県横浜市鶴見区大黒町9-2 TEL.045-506-1341 / FAX.045-506-0505
圧着ダイレクトメールをオリジナルで制作しています。費用対効果、反応率を上げたいご担当者様、お気軽にお問い合わせください。

↑ページTOP

all today yes