会社概要 交通アクセス 大黒工場紹介&グリーン電力 営業日 代表ご挨拶 ミッション&ビジョン 経営原典
> ダイレクトコミュニケーションのガリバーTOP > コラム > 記憶に残る広告の法則 スリーヒットセオリー
記憶に残る広告の法則 スリーヒットセオリー
ガリバーマーケティング部の小川です。

年末年始になるとテレビCMやポスターなどで毎年同じ広告や似たような広告を目にしますよね。
それらの広告を見るたびに、「今年も終わりかぁ」「新年を迎えたなぁ」と感じる方も多いのではないでしょうか。
そう感じる方は、それらの広告がしっかりと記憶として刻まれている証です。

記憶に残る広告には、インパクトがあるもの、繰り返し見たり聞いたりする等の理由があります。

今回はそんな記憶と広告を関連付けた法則をご紹介します。
人間は五感を通じて得た情報を、一時的に記憶するものと長期的に記憶するものとに振り分けています。
そして、長期的に記憶するものには主に2種類のタイプがあると言われています。
“顕在記憶”には経験から得られた5W1Hで表せるエピソード記憶と、事実情報で得た知識からなる意味記憶の2種類があります。
一方で、“潜在記憶”は技術的な記憶がメインで、スポーツや乗り物の運転といった体で覚えた情報などが該当します。
勉強は予習復習、スポーツは反復練習が効果的とよくいわれますが、特に勉強などが該当する意味記憶の場合、初めに得た記憶への刺激を反復することでより記憶の精度が上がるといわれています。

今回ご紹介する〈スリーヒットセオリー(3ヒット理論) 〉はその反復することに着目した広告理論です。
広告の場合、「初売りセール」や「新商品発売」といった見出しは広告の内容という事実情報として認識されます。

広告が最大限の効果を発揮するためには一定回数以上の接触機会が必要とされ、その回数は“3回”といわれています。

その広告接触回数を示す理論が〈スリーヒットセオリー 〉です。

スリーヒットセオリーはテレビCMにおける有効な接触頻度に関する理論であり、広告の費用対効果を考える際に重要視されます。
そして接触回数に応じて以下のような反応があると考えられています。

1回目の接触→「見覚えのない新しい広告だ。」
2回目の接触→「この間も見た広告だ。何についての広告だろう。」
3回目の接触→「あの広告だ。詳しく調べてみよう。」

もちろん、人によって反応の差はありますが、3回の接触機会で1回目との印象が大きく変わることがわかります。
1回目の広告で結果を得られず「失敗だった」と断定してしまうのは段階的に早く、2回目、3回目と続けることで初めてその広告の費用対効果を考えることができるという理論です。
元々テレビCMにおける理論として提唱されたスリーヒットセオリーですが、テレビCMに限らず様々な広告媒体でも同様の効果が期待できます。
その1つにガリバーが得意とするダイレクトメールがあります。

ダイレクトメールでスリーヒットセオリーを応用する場合、1通目に変わった仕様、例えばエンボス加工など印象に残りやすいダイレクトメールを打ち、2通目と3通目で2つ折りの圧着タイプやハガキといった1通あたりの単価が低めのダイレクトメールを打つといったケースがあります。

1通目に印象的なダイレクトメールを打つことで、ダイレクトメールが届いたという事実を受け取り手に伝え、2通目のダイレクトメールで1通目へ興味を向けるきっかけを作り、3通目のダイレクトメールで期限間近などの文言を用いて行動を促すといった流れがダイレクトメールにおけるスリーヒットセオリーの活用法の一例です。

またメディアミックスやクロスメディアのような複数媒体を用いた広告展開でも同様の効果が期待できます。

例えば、テレビCMで1度目の接触機会を設け、ダイレクトメールで2度目、ダイレクトメール内にQRコードを入れてWEBへの誘導を行うことで3度目の接触機会を作ることができます。
近年、WEBから注文などが行える商材も増えてきていることから、そのまま購買行動へ誘導することもできます。

もちろん、広告の目的によっては3回も行う必要がないケースや、逆に3回では足りない商材もあるため、3回が絶対というものではありません。
一般的に単価が高く購入頻度の少ない商材は広告頻度が高く、単価が低く購入頻度が高い商材は広告頻度が低くなるといった傾向もみられます。

しかしながら、記憶に残る広告を打つためには、人間の記憶のメカニズムから見ても反復することが効果的ですから、いくつかのテストマーケティングを行って最適な広告頻度を導き出すことが重要です。

毎年目にする年末年始の広告も、反復効果による記憶の定着が大きいことがわかります。
年末年始の広告の数々は積み重ねてきた時間と経験から得た効果が大きいため、まずはスリーヒットセオリーのような身近な反復効果から試していくことが記憶に残る広告への第一歩といえます。
株式会社ガリバーでは、発想から発送までワンストップでサポートいたします。
今回ご紹介した事例の詳細やその他DMサンプル、成功事例などお気軽にお問い合わせください。

※QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。
|圧着DMのガリバー|

横浜本社:神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25 テクノウェイブ100 17階 TEL.045-440-6341 / FAX.045-440-6345
大黒工場:神奈川県横浜市鶴見区大黒町9-2 TEL.045-506-1341 / FAX.045-506-0505
圧着ダイレクトメールをオリジナルで制作しています。費用対効果、反応率を上げたいご担当者様、お気軽にお問い合わせください。

↑ページTOP

all today yes