会社概要 交通アクセス 印刷工場紹介 営業日 代表ご挨拶 ミッション&ビジョン 経営原典
> ダイレクトコミュニケーションのガリバーTOP > 会社案内 > 代表ご挨拶
ご挨拶
社名の由来
私たち株式会社ガリバーは今年で創業69年目になります。
今年はラグビーワールドカップが日本で開催されます。そして来年2020年には東京オリンピック・パラリンピックで日本中が盛り上がるでしょう。さらに平成も5月から元号が変わります。本当に大きく日本という国が変わっていく予感がいたします。そのような大きな流れの中で70年近くも印刷会社として営むことができたのは、ひとえにお客様はもちろん当社従業員の皆、そして常日頃から献身的に当社を支えていただいた協力会社があってこそだと感謝しております。
私たち株式会社ガリバーは戦後の焼け跡の残る昭和25年「謄写版印刷」からスタートいたしました。
通称「ガリ版印刷」です。実は私たち「ガリバー」の社名の由来は、この「ガリ版印刷」をもじって「ガリバー印刷」としたのです。

本社 テクノウェイブ100ビル

大黒工場
変遷
謄写版印刷からスタートしたガリバーはその後、タイプ印刷から写植・オフセット印刷へと進化してデジタル組版からオフセット輪転機などの設備で「総合印刷会社」へと発展してまいりました。高度経済成長期に乗って印刷業界は大きな発展を遂げましたが、インターネットの登場で印刷メディアは大きな岐路に立たされました。当社も例外ではありませんでした。
その中でこれからの印刷メディアに求められることは何なのか? ただ単に情報を伝えるだけではなく紙・印刷のリアルメディアならではの機能、つまりインターネットにはない人の感性に訴える機能を持った印刷であればますます存在感あるメディアとして重要になると考えました。
ITは「待ち」のメディアです。それに対してターゲットにパーソナライズしプッシュするメディアが必要とされています。その特性を最も活かせる媒体がダイレクトメールなのです。
私たちはこの考えで約20年近く前からダイレクトメール(DM)に注力してまいりました。
飛び出すメールやUVエンボスメールなどの独自商品群は、如何にして受け取った人々に気付きと感動を与え、結果=レスポンスに結び付けるかとのコンセプトから生まれ出たものばかりなのです。
私たち印刷会社で創り出しているのは印刷物ですが、本当にお客様(クライアント)に買っていただきたいのは効果・結果なのです。そのためにあらゆる努力を惜しまず今日までダイレクトメールを中心に事業を展開してまいりました。

KOMORI リスロン GX840RP 菊全版H-UV8色機
これから私たちが目指すこと
これからは如何にしてITとリアルメディアを融合して顧客の囲い込みをし最大限の効果を生み出していくかが重要なテーマだと認識しています。2017年に発表したOne to One ログ®というサービスはリアルメディアのDMにパーソナライズされたQRコードを印刷して何時に? 誰が? DMを通してWEBへアクセスしたかが分かる画期的なシステムです。これにより今まで取れなかった顧客動向データが分かり、新たな販促方法へと繋げられます。

人の感性に訴える紙によってデジタルの可能性を拡げ、人と人を繋ぐダイレクトコミュニケーション®を創造してまいります。

私たちガリバーは、人の感性に訴える「モノづくり」を起点として新たな「コト創り」をしていきます。

営業フロア

本社から新横浜方面


平成31年1月吉日
株式会社ガリバー 代表取締役
中島 真一
|圧着DMのガリバー|
横浜本社:神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25 テクノウェイブ100 17階 TEL.045-440-6341 / FAX.045-440-6345
印刷工場:神奈川県横浜市鶴見区大黒町9-2 TEL.045-506-1341 / FAX.045-506-0505
東京営業所:東京都千代田区霞が関3-2-5 霞が関ビル5階 TEL.03-4334-8041 / FAX.03-4334-8042
圧着ダイレクトメールをオリジナルで制作しています。費用対効果、反応率を上げたいご担当者様、お気軽にご相談ください。

↑ページTOP

all today yes