> ダイレクトメールのガリバーTOP > 圧着DM折り加工、特殊DMサンプルあります。

マンネリ化したダイレクトメールが折り方、加工次第でお客様の目を引く、開封したくなるDMに変身します。

.
定期的にDMを送り続けていると、目新しさも薄らぎ、効果も横ばいになりなりがちです。
会社の広報担当者や製作者としては企画やデザインなどを 工夫し飽きさせないように注意を払っていると思いますが、それだけではマンネリ化を脱却できない場合も多いかと思います。DMはお客様に直接届ける媒体のため、印象に残りやすい工夫が必要となります。
その一つの方法としてDMの折り加工を今までにない特殊な形状にして、印象を変えてみるというのも変化をつける事になり、効果やレスポンスに良い影響を与えるのではないかと思います。
デザインで印象づけ、DMの折り加工で開封した時に インパクトを与えれば、お客様はとりあえず、目を通す候補に残してくれる可能性が高まるはずです。読んでもらう、見てもらうが重要なことで、特殊なDM折り加工でその効果が表れるのなら、やらないよりはやった方が良いと言うことになるのではと思います。効果があがる工夫には積極的にトライしましょう。
.
DMの折り加工画像例 【圧着と折り加工でチラシのように大きくなるDM】
ハガキサイズで送ることが可能で、開封するととても大きくなる仕掛けをしてある圧着DMです。
届いた時点ではわかりませんが、まさかあそこまで大きくなるのかと驚かせる効果をDMの折り加工で行っています。
チラシって楽しいじゃないですか!開いたときがチラシサイズなら最近新聞を取らなくなり自宅で見かけなくなった方も多い今だからこそ チラシのようなDMを楽しく見てくださる方も多いのではと思います。

この商品の詳細情報&サンプルはこちら
.
. 【返信用紙つきインデックス加工をしたDM】
窓になっている個所に宛名印字したお客様情報がそのまま、返信用紙に印字されており、お客様の手間を省いたレスポンスUPのための仕掛けを施したタイプの 圧着DM加工をしたタイプです。
情報量も多く載せる場合はインデックスのようなものがついている加工をDM施したほうがお客様が読みやすくなるので、良いですよね。
圧着折り加工をしていた部分のミシンを切り外せば保存もしやすいため捨てられにくく、地味にレスポンスをアップさせる効果が発揮されます。
この商品の詳細情報&サンプルはこちら
.

DMの折り加工を工夫することのメリット

.
開封したときにお客様に今までと違うと、目新しさを与えることができる。
DMの折り加工次第では載せる情報量圧倒的に増やすことができる。
内容にストーリーを持たせた構成にすれば折り加工しだいで返信などの効果に誘導しやすくなる。
インデックスのような仕掛けをすればカタログ代わりに保管してくれる可能性が高まる。
圧着などや折り加工に凝ってるだけで、手の込んだDMだなという印象を与えることができ、マイナスなイメージというよりは少しでもプラスのイメージにつながると思える。
.
圧着DMと折り加工の組み合わせで少しでも効果を高める仕掛けをしてみましょう。

↑ページTOP

all today yes